トップページ > 県連合会の活動一覧 > 「プラサヴェルデなつやすみこどもだいがく2017」に参加しました

県連合会の活動

「プラサヴェルデなつやすみこどもだいがく2017」に参加しました

2017年08月05日
お知らせ

プラサヴェルデで開催された「なつやすみこどもだいがく2017」に参加しました。

 シニアクラブ静岡県では平成29年8月5日(土)~6日(日)沼津市
プラサヴェルデ多目的ホールで開催された「なつやすみこどもだいがく2017」に県女性委員会東部地区の皆さんを中心に参加しました。今年は、子ども達に人気の「働く車コーナー」「科学プロジェクトコーナー」「協賛事業者ブース」と事業規模を拡大してのグランドオープン3周年記念行事としての開催でした。シニアクラブ静岡県では、「昔遊びコーナー」を開設、折り紙、お手玉、あやとり、けん玉、コマまわし、バルーンアート、パズル、手作り玩具と多彩なメニューを展開。来場された子どもとその親、祖父母との交流を楽しみました。
1日目は、三島市、沼津市、清水町の皆さんが2日目は、三島市、沼津市、伊豆市の皆さんがコーナーを盛り立てていただきました。函南の皆さんがお顔を見せていただいたり、二日間で5,500名以上の来場者あり大盛り上がりのイベントになりました。参加していただいた市町の皆さまありがとうございました。
  
オープニングセレモニーの様子                       来場された沼津市長サンとの記念写真
          
人気の「働く車コーナー」                      シニアクラブ玩具づくりのコーナーも人気
           
           折り紙、バルーンアート、風車づくりとメニューは盛沢山
【沼津 大平の“エジソン”土屋さん】
  

  
すこやか沼津 大平の 土屋 豊さん。は、クラブの皆さんから“大平のエジソン”と呼ばれる名物おじいちゃん。「人が困った顔で考えているのを見るのが、楽しい」とヤンチャな笑顔が、とてもチャーミングな、おじいちゃんです。パズルや手品、玩具まで何でも手作りしてしまう、スーパーおじいちゃんです。子ども達、付き添いの親たち、参加したクラブのみんなも、土屋さんへの挑戦に大興奮の二日間でした。ありがとうございます。

Copyright . Shizuoka kenrouren. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る